大学を卒業し20年。運動とは全く無縁の生活を過ごし、現役の頃から約10kg増。3年ほど前から「どうにかせんといけん」と思いながらなかなか重い腰があげられない。
これを読んでるみなさんの中にも、健康のために運動したい、痩せたいなど思いながらも一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私事で恐縮ですが、この度半年間で-15kgのダイエットを達成いたしました。今まで惨敗してきた私が今回成功したダイエットの方法、続けるためのコツ・ポイントなどをお伝えしていきます。
これを読み終わる頃にはきっとあなたも第一歩を踏み出していることでしょう!

過去に試したダイエット法
みなさんは今までどんなダイエット方法を試されてきましたか?
私が何年も前に試したのは、「食事のみでなんとかならんかダイエット」と「ビリーズブートキャンプ」でした。どちらも続けられなかった…。
「食事のみ」は、言わずもがなリバウンド不可避であり、それを薄々感じながらも運動したくないがためにやってみました。リバウンドするとなると「これ一生続けんといけんくない?」ということに気付き、あまりにさみしい人生になると確信したため中止。もちろんきっちりリバウンドいたしました。
次にやってみたのは「ビリーズブートキャンプ」。これは大学時代の友人が10年ずっと続けていて現役時代の体型を維持しているのを知り、始めることに。4枚組のDVDを見ながらトレーニングを行うのですが、ビリーは1時間動き続けるサーキットトレーニングのようなエアロビのような。そりゃもちろん効果あります。すんごいしんどいからね。2ヶ月続け-6kg達成。しかしこれも続けられない…。

極端な方法では継続するのが難しい。

 


自分に合った方法を見つける

私の性格上、早く結果を出したいがために、「食事のみ」にしても「ビリー」にしてもやりすぎの傾向にありました。「食事のみ」のときは野菜と豆腐しか食べない、「ビリー」は毎日やる、などなど。「食事のみ」は方法として間違っているので問題外ですが、「ビリー」を毎日やるにはかなりの気合が必要で、しんどさを知ると覚悟がいるようになります。そりゃ、やだなってなります。人間だもの。ずっと続けている友人も週3~5程度だというのに私は毎日続けたのです。

今回選んだ方法は「カロリー管理ダイエット」です。謂わば目標の数値化・可視化です。

食事による摂取カロリーと運動などによる消費カロリーを管理していくという方法になります。私はこれがハマりました。

 

現状を知る
まず現状を数値化してみましょう。身長・体重・年齢から今の基礎代謝(何もしていなくても消費されるカロリー量)を知ることができます。そして毎日食べているもののカロリーを知ること。今ではほとんどの食品にカロリーが表示されているので簡単に知ることができます。まずは自分の基礎代謝を知り、1日当たりどのくらいのカロリーを摂取しているかを確認してみてください。思いのほかカロリーオーバーしていませんか?
自分自身の現状と向き合ってみましょう。

現状を数値化すると目標が立てやすくなります。

どんなダイエットをするにしても、これは絶対にやっていただきたい。

CASIO基礎代謝量
https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736

 

テクノロジーを利用する

今回ご紹介するのは摂取カロリーと消費カロリーを管理するという方法でのダイエットとなります。カロリー管理に便利なスマホアプリをご紹介します。
私が使用しているのは「あすけん」というカロリー管理アプリで、身長・体重・年齢・目標体重を入力すると、基礎代謝と1日当たりの摂取カロリー・消費カロリーの目標値が示されます。その目標を日々クリアしていくことで目標体重を目指していくというものになります。もちろん無料のアプリです。
「あすけん」に食べたものを入力すると自動的にカロリーも入力される仕組みになっています。食べたものを逐一入力するという多少の手間はありますが、そこは頑張ります。
そして消費カロリーのほうは、Nikeなどのランニングやトレーニングのアプリを使用します。スマートウォッチを使うと心拍数なども測ってくれますので、より正確に数値を出すことができます。私が使用したのはAppleWatchとiPhoneです。もちろんandroidでも可能です。機器類が苦手な方も、スマホアプリだけでだいたいの数値がわかります。

毎日アプリに示される摂取カロリー・消費カロリーの目標値を達成していくという、地味かつシンプルな方法になります。

数値化することで今日の進捗状況が一目瞭然。「今日は達成してるからこれでいいのだ」と思えるので、やりすぎ傾向の私をセーブしてくれるし、あとどれだけで達成するかもわかるので、「もう少し頑張ろう」など、やる気を生み出してくれたりもします。

あすけんダイエット
https://www.asken.jp/

 

 

やる気スイッチ発動
そして最も重要といっても過言ではない、やる気スイッチの入れ方。これは人それぞれですが、私の場合は患者さんからの一言でした。
その方は私の3つ上で、家庭と仕事を持つ方です。言ってみれば典型的な「時間のない女性」です。その方は朝起きて旦那さんとお子さんを送り出し、ご自身の出勤前に絶対にウォーキングをしたいとおっしゃったのです。「出勤前にですか!?」と聞くと「そこしか時間がないし、朝歩くとすごく気持ちいいんだよ」とのこと。普通出勤前にやる?やりたくない時間帯No.1。出勤がない私でも避けたい時間帯。
独身1人暮らしの私は「時間がない」とは言えない。そして歩いて気持ちいいと言う患者さんのその感覚はやってみないとわからない領域だと感じました。じゃあとりあえずやってみようと思えたのです。
(ちなみにもう少しやる気を出すために、最も痩せていたときの写真も確認しといた)

患者さんとの何気ない話だったのですが、その一言は「やる気スイッチ」が発動する大きなきっかけとなりました。

何がきっかけになるかなんてわからないもんです。

 

どうしても一歩が踏み出せない
ここまで読んでもまだ一歩が踏み出せないという方。

人生で一番若いのは今

基礎代謝は年齢によって必ず低下します。あなたが一番若いのは今なのです。人生で一番基礎代謝が高い今が始めどきなのです。
「いつやるの?」「今でしょ!」ですよ!

 

まだ踏み出せないのなら
毎日体重を測るということから始めるのも一つの方法です。

毎日決まった時間に体重を測る

怖くて体重計に乗れないあなたも、とりあえず一回乗ってみましょう。悪いこと言わんから一回乗ろうか。ちょっと一回現実と向き合ってみようか。

 

 

いかかでしょうか?少しやる気になってきましたか?
ダイエットを始めるにあたって「自分に合った方法を見つける・現状を知る・やる気スイッチを発動させる」ということが重要です。特にやる気スイッチの入れ方が難しい。スイッチの在り処や入れ方が人によって違うからです。

「やる気スイッチ、君のはどこにあるんだろ~?」
うまいこと言ったもんだ。
このブログが、ダイエットに踏み切る勇気を出せないあなたのやる気スイッチになれれば嬉しいです。

次回はもう少し詳しくダイエットについて考えていきます。