富山市呉羽の鍼灸整骨院です。女性施術者が安心・安全の施術を提供します

腰部脊柱管狭窄症

  • HOME »
  • 腰部脊柱管狭窄症

背骨には、椎骨と椎弓で作られる脊柱管という管があります。
その管のなかに脊髄神経が走行します。

脊柱管狭窄症とは、この脊柱管がなんらかの理由で狭まり、脊髄神経や神経根を圧迫して、神経症状が起こった状態のことです。脊柱管狭窄症を起こす原因はほとんどが加齢による変性で、50歳以上の方に多くみられる疾患です。

脊柱管狭窄症の特徴と施術

特徴
・変形性脊椎症による狭窄は男性に多く、変性すべり症による狭窄は女性に多い
・L4-L5椎間に生じることが多い
・椎間板ヘルニアを合併している場合がある

症状
・間欠性跛行がみられる(しばらく歩くと足や臀部に痛みや痺れなどを感じ、少し休むとまた歩けるようになる症状)
・馬尾型の症状(両下肢、臀部、会陰部のしびれや灼熱感、ほてりなどの異常感覚と、残尿感や催尿感などの膀胱直腸障害)
・神経根型の症状(下肢、臀部の疼痛)

当院での施術
変性がからむ疾患は多いですが、この疾患も元の状態に戻すのが困難な疾患の一つです。狭窄症を起こす原因となる元の疾患により治療方針を決定しますが、馬尾型の症状がある場合、まずは病院で詳しく検査してもらう必要があります。

疼痛や痺れがある場合は鍼灸治療を行い、鎮痛・血流改善を図り改善を目指します。正しい姿勢を保つための体幹筋の筋トレや、整体施術も必要になります。
予防方法として、物を高いところに置くとき、腰椎が前弯しすぎないよう台を使う、物を持ち上げる際、膝を使って行うなど、日常生活での腰部の使い方を気を付けるようにしましょう。座る時も腰を丸めないよう、腰と背もたれの間にタオルや座布団を挟むのも効果的です。

施術方法は一例です。同じ疾患でも症状は一人ひとり異なりますので、症状を確認しながら施術方法を決定していきます。
鍼灸治療に抵抗のある場合も、別の方法で治癒を目指していきますので、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらまで TEL 076-434-0202 受付時間 9:00-19:30予約制

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログ

ブログカレンダー

2019年4月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGETOP
Copyright © 鍼灸院・整骨院 Byan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.