富山市呉羽の鍼灸整骨院です。女性施術者が安心・安全の施術を提供します

腰椎椎間板ヘルニア

  • HOME »
  • 腰椎椎間板ヘルニア

腰の痛みとともに、お尻や下肢に痺れがある場合、腰椎椎間板ヘルニアかもしれません。厳密には腰の痛みがない場合もあります。よく耳にする腰椎椎間板ヘルニア、どのような状態か少し見ていきましょう。

腰椎を横から見た状態です。左側がお腹側です。
椎間板は椎体と椎体の間にある、柔らかい組織です。周りは繊維で中にゼリー状の髄核を閉じ込めているという構造です。
上下の椎体でできる穴、椎間孔が腰椎の斜め後ろのほうにあり、そこから臀部や下肢に伸びる神経が出ています。

ヘルニアは椎間板の繊維輪から髄核が脱出(または突出)した状態のことをいいます。椎間板の斜め後ろに脱出することが多く、椎間孔からでた神経を触ったり圧迫したりすることで、臀部や下肢に痺れや筋力低下などの神経症状を呈することになります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの特徴と施術

特徴
・ 20~60歳代の男性に多い
・ L4/5間が一番多く、次いでL5/S1間
・ 筋肉の疲労や筋肉の柔軟性が不足し、腰部が疲弊しているところに、重量物を持ち上げるなどの作業をしたときに発症することが多い

症状
・ 腰部痛・臀部痛・片側の下肢痛や痺れ(※腰痛は出ないこともある)
・ 体を前に曲げると痛みや痺れが増強する・運動や労働で増悪・安静にすると軽減する
・ スリッパが脱げやすい・ちょっとの段差でつまずきやすい
・ 疼痛を避けるための側弯がでることもある

腰椎椎間板ヘルニアは、活動が活発な男性で、20~60代と幅広い年齢層でみられます。ヘルニアを起こすと、上記のような症状が出てきますが、特徴的なのは、臀部や下肢に痺れや痛みなどの症状が出てくることです。また、下肢の痺れの範囲によって、どの高さの椎間板でヘルニアが起こったか判断することができます。

当院での施術
繊維輪から飛び出した髄核は、身体のシステムに基づいて徐々に吸収されていきます。程度にもよりますが、だいたい1週間ほどで腰痛は減少していくのですが、下肢の症状は残ることが多くみられます。

基本的に腰椎椎間板ヘルニアの場合、急性期で特に下肢症状がある場合は、当院では鍼灸治療を行い、さらに鍼に電気をかける方法をおすすめしています。鍼灸の刺激は髄核の吸収を促す効果が期待できます。
急性期を過ぎると、腰下肢の筋のほぐしとストレッチを行い、治癒を目指します。ヘルニアは一度起こってしまうとまた再発することが多い疾患なので、セルフケアとしてのストレッチ方法などをご紹介します。日々、体幹の筋力アップと下肢の筋肉の柔軟性を高めることが再発予防のカギとなります。

施術方法は一例です。同じ疾患でも症状は一人ひとり異なりますので、症状を確認しながら施術方法を決定していきます。
鍼灸治療に抵抗のある場合も、別の方法で治癒を目指していきますので、お気軽にご相談ください。

 

ご予約・お問い合わせはこちらまで TEL 076-434-0202 受付時間 9:00-19:30予約制

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログ

ブログカレンダー

2019年4月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGETOP
Copyright © 鍼灸院・整骨院 Byan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.