富山市呉羽の鍼灸整骨院です。女性施術者が安心・安全の施術を提供します

脊椎分離症

  • HOME »
  • 脊椎分離症

脊椎分離症とは、腰椎の椎弓(ついきゅう)という部位が折れてしまうという、いわゆる腰の骨の骨折です。
椎弓とはどの部位か見ていきましょう。

腰の骨の前側にある椎体と、後ろ側にある棘突起(きょくとっき)を結び、神経を入れる脊柱管という穴を作っているのが椎弓です。この椎弓が片側または両側折れてしまったものを脊椎分離症といいます。

脊椎分離症の特徴と施術

特徴
・ 10代のスポーツ選手に多い(13-14歳頃がピーク)
・ L5腰椎に多い
・ 成長期での活発な運動、特に腰椎の過度な伸展・屈曲・回旋などにより起こるストレス骨折
・ 骨癒合(骨折部位の骨による治癒)が難しいことがある(成人では骨癒合が期待できない)
・ 両側の椎弓を骨折すると分離すべり症となることがある

症状
・ 長時間立位時の疼痛、側屈や伸展時の疼痛
・ 神経系の症状は、出ないことが多い

当院での施術
脊椎分離症は骨癒合が難しいことも多々あり、最低でも6ヶ月のスポーツ中止が基本です。急性期にはコルセットを装着し、患部の安静固定が重要になってきます。
また、この疾患は患部付近や股関節周り、ハムストリングスの柔軟性が低いことが基盤にあり、ハードなスポーツを継続していて起こることが多いため、日ごろからセルフケアとしてストレッチを行うことが予防につながります。

当院では、痛みが強い場合に鍼灸治療を行い、疼痛緩和・血流促進・筋の柔軟性向上を目指します。
痛みを避けるために無意識に身体をかばったり、長期の安静固定により腰部や臀部・下肢の筋が硬くなってしまうことも多いため、それらをほぐし、しっかりストレッチをすることで、スムーズにスポーツ活動に戻れるようサポートしていきます。

施術方法は一例です。同じ疾患でも症状は一人ひとり異なりますので、症状を確認しながら施術方法を決定していきます。
鍼灸治療に抵抗のある場合も、別の方法で治癒を目指していきますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらまで TEL 076-434-0202 受付時間 9:00-19:30予約制

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログ

ブログカレンダー

2019年1月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Copyright © 鍼灸院・整骨院 Byan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.