富山市呉羽の鍼灸整骨院です。女性施術者が安心・安全の施術を提供します

ぎっくり腰(急性腰痛発作)

  • HOME »
  • ぎっくり腰(急性腰痛発作)

不意の動作、特にひねり動作で急に起こることが多いぎっくり腰。海外では「魔女の一撃」といわれるほど、衝撃的な腰痛です。

ぎっくり腰のはっきりした原因はわかっていませんが、多くは椎間関節内へ滑膜という軟部組織がはさみこまれ起こるとみられています。椎間関節とは椎体の後ろ側で、上下の椎体を連結する関節のことです。このほかに椎間板ヘルニアを起こしている場合もあります。

ぎっくり腰の特徴と施術

特徴
・中腰でものを持ち上げようとしたときや、急に腰をひねったなどの日常動作で起こる腰痛
・体の疲労があると起こりやすい
・硬くなった筋肉線維の断裂や、腰の骨の関節や靭帯の捻挫と考えられている

症状
・動作を起こすと激痛が走る
・椅子に座れない
・くしゃみや咳をすると痛い
・時間経過とともに悪化する
・横になって膝を曲げると楽になる
・ヘルニアの場合、臀部や下肢に痺れ・痛みを生じる

当院での施術
ぎっくり腰を起こすと、ひどい場合、痛みで全く動けない状態になります。まずは楽になれる姿勢で安静にしましょう。患部に熱があるようなら少し冷やすと楽になることがあります。このとき冷やしすぎに注意しましょう。

急性期には痛みが強く、あまり動かすことができないので、鍼灸治療を行います。まずは患部の鎮痛を目指します。日常生活上はコルセット装着やテーピングなどで安静固定します。

痛みが半分くらいになったら、腰下肢のもみほぐし・マッサージで血流改善や筋肉の柔軟性を向上を目指します。痛いからといって安静にしている時間を長くすると、筋力が落ちたり筋肉が硬くなり、かえって治癒が遅くなることがあります。日常生活でも無理のない程度で、なるべく積極的に動かすように心がけましょう

施術方法は一例です。同じ疾患でも症状は一人ひとり異なりますので、症状を確認しながら施術方法を決定していきます。
鍼灸治療に抵抗のある場合も、別の方法で治癒を目指していきますので、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらまで TEL 076-434-0202 受付時間 9:00-19:30予約制

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログ

ブログカレンダー

2019年1月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Copyright © 鍼灸院・整骨院 Byan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.