8月5日(土)に、氷見番屋街の前で行われた花火を見てきました。
花火といえば、道の渋滞と駐車場が心配で、バイクで行きました。

私がバイクを乗り続ける理由の一つに、映画「インディペンデンスディ」の1シーンがあります。
隕石が海に落ちて、逃れられないような津波が町を襲い、町の住人たちは車で高いところへ向かうのですが、大渋滞になっていて、そんな中、主人公?らしき人がバイクで車の間をぬうようにどんどん高い方へ逃げていき助かるのです。そのシーンが私の脳裏に焼きつき、そうゆうときのためにバイクは必要だと思っています。
おかげで、すっごくいいところに停めることができました。やっぱバイクはいいよ〜

そんなことはどうでもいいのですが、氷見の花火は5000発です。県内最大級かと思われます。県外では2万発とかありますが、富山は5000発です。

県外の花火も見たことがありますが、氷見の花火は1発1発を丁寧に打ち上げるという感じでした。

花火の写真は全然その迫力が伝わらないし、カメラはiPhone、腕は私ですので綺麗に映るわけがありませんが、私の渾身の一枚を載せておきます。
丁寧に打ち上げますので、スターマインのような連続花火は少ないです。

ですがクライマックスは感動しました。それまでの数が少なかった分、連続で打ち上げられるとより豪華に見えるのです。サブイボ立ちました。

こんな感じです。
打ち上がる数は少ないけど、とても満足のできる花火大会でした。一番前でも全然空いていますので、寝っ転がって見ることもできます。おすすめです!