image1

富山に日本最古の水族館があることを最近知りましたので、この連休中に魚津水族館へ行ってみました。幼い頃に行ったかどうか、うっすらとしか記憶はありませんが、やばいほど楽しかったです。私の印象に残った魚津水族館の魅力をご紹介します。

image2

まずは、外に設置されているため入場券を買わずとも見ることができるペンギンたち。魚津水族館の太っ腹さを感じました。

image2

館内はなんとなく薄暗いイメージですが、ロマンチックにライトアップされたクラゲがとても綺麗でした。

image1

生態が不明と言われるリュウグウノツカイ。上のほうのは模型です。3mオーバーの大物でした。

 

image2

ファッショナブルなどこかの国のエイ。なぜ富山に?

image1

綺麗にまとまって落ち着いているどこかの国のヘビ。なぜ水族館に?

image1

そして今回、私が一番気に入ったのはこれです。角質を食べるガラ・ルファというコイ科の魚で、別名ドクターフィッシュ。富山とは関係ありませんが、海外ではアトピーの治療などに役立てられているとのこと。手を突っ込むとすぐに寄ってきて、なんとも言えない感触とともに、魚が寄ってきて人気者になった感じが、私を虜にするのです。

image2

閉館時間間近だったため、このコーナーを独り占めできました。今回友人と3人で水族館へ行きましたが、私以外の2人はこの感触がダメだったようです。しかし是非ともこの、角質を魚に食べられる感じを体験していただきたいです!

魚津水族館、最高!!