image1

患者さんから鳴き声が綺麗だからと鈴虫の幼虫をいただきました。子供の頃はいろんな虫をへっちゃらで触っていましたが、ここ30年ほど虫たちと触れ合ったことも飼ったこともなく、最初は大変戸惑いました。しかも鈴虫の幼虫ってなんだか「G」に似ている!若干気持ち悪い!
野生に返してもいいよと言われたので、そりゃもう返す気満々でしたが、他の患者さんに「鳴き声が綺麗なんだよね〜」と言われたので、「そ、そう?じゃあ挑戦してみようかな」とその気になり、虫かごと鈴虫用の土を購入しました。

きゅうりやナスや鈴虫のエサという粉末をやり続けていますが、なんだか心配で毎日見てしまいます。ヤツらは夜行性で、夜、ワサワサと、とっても活動的です。脱皮とかもします。共食いもするなんて書いてあるので、餌のチェックは欠かせません。

虫の嫌いな方は、次の画像を飛ばしてくださいね↓

 

 

 

 

image2

 

 

最近ではヤツら、でかくなってきており、こいつらは私が育てているんだと実感しています。餌を取り替える時にササーっと逃げていく姿、間違えて私の腕に登ってしまうお茶目な姿、息をフッと吹きかけるとそりゃもう「大変だ!」と言わんばかりに影の方に一斉に逃げる姿、触覚をツンツン触るとビクつく姿など、見ていて飽きません。たまに話しかけたりもしています。あれ?私、ヤツらのことが好きになっているのか?!

虫も飼ってみるものですね。どんな鳴き声を奏でてくれるのか、夏の終わりが今から楽しみです。