高校卒業してから今までの間、私は兵庫・岐阜・長野・神奈川・東京に住んでいました。いろんな気質の人たちと出会い、たくさんの方言を知り、その中でも心に残っているものを紹介したいと思います。

大学は兵庫県で私はソフトボール部でした。ソフト部は全国各地から集まっていたので、いろんな方言を聞くことができました。
大阪人である同級生に「マクドナルド」を「マック」と言ったら「キモい、マクドやで」と訂正されました。お年頃の私はショックでした。しかし「マック」と言い慣れていたので、それ以来私は「マックドナルド」と呼ぶようになりました。

「めもらい」の方言は様々でした。標準語ではおそらく「ものもらい」。富山では「めもらい」。大阪では「めばちこ」。なんじゃそりゃ。目、爆発しそう。愛媛では「めぼ」。短っ。
それから「じゃんけん」。大阪では「いんじゃん」。「いん」ってどこから来たんやろ。しかもじゃんけんするときの号令が「いーんーじゃーんーで、ほっい」。どこで出せばいいかわからん。ちなみにあいこのとき富山では「あいらんちっ」と言ったりします。かわいい富山。

広島の言葉はやはり語尾につく「じゃけん」。かわいいけどどうしても「朝日ソーラーじゃけん」を思い出します。仙台の言葉は標準語に近かったですが、「そしたら」のことを「したっけ」と言っていたのが印象に残っています。

鍼灸の学校は岐阜でした。岐阜の言葉は独特でした。オブラートに包んで言うと、綺麗ではない。「すごく」というのを「でら」と言う。本当のネイティブの人の方言になると、もはや聞き取れん。私の中で聞き取れない方言No.1は岐阜です。

鍼灸の就職で長野に住んでいました。長野のことは勝手に田舎と思っていましたが、住んでみると品のある田舎でした。なんか富山と違う。言葉も標準語でしたが、膝のことを「おんぼさん」と、さん付けで呼びます。また語尾に「〜だに」が付いているので、親近感が湧きました。

そのあと神奈川・東京に住みました。東京はがっつり標準語で、今までどの地域に行っても富山弁で押し通していましたが、初めて富山弁が少し恥ずかしいと思ってしまいました。東京に住む前は「東京ちゃ怖いところや、いろいろ気つけんと」と思っていましたが、東京の人は上品であったかかったです。

いろんな地域のいろんな言葉や人の気質、ステキです。今の私は東京での影響で、イントネーションが若干標準語っぽくなりました。いいえ、決してかぶれているわけではないのです。決して。