IMG_1220

Byanという名称は、姉が勤めている会社「BA’Z」の社長である大倉孝一さんの最初の社名からいただきました。その社名はもともとは「梅庵」で「梅」は寒い時期に咲く強い花で大倉さんが好きな花、「庵」は小さく質素な小屋という意味だそうです。
治療院の名称を考えている際、姉は「ばいあん」がいいと気に入っていましたが、それは丸パクリでもう少しなんとかならんかと。「鍼灸院・接骨院 梅庵」だと漢字だらけで固そう。などの理由から捻り出した結果、表記を「Byan」にして、「By」は英語で「〜のそばに」「an」は五十音で、あ〜んなので「全て」ということで、「全ての人のそばに」という意味を込めました。後付けで。
住職の叔父は「梅は寒苦を経て清香を発す」という言葉があるよと教えてくれ、パクリから始まった名称が気づけば思いのほか立派な名称になりました。後付けだけど。

奇しくも飼っていた犬の名前も「ウメ」。大変気に入っています。